Clean Bandit (クリーン・バンディット)feat. Noonie Bao – Dust Clears

Clean Bandit (クリーン・バンディット)ジェス・グリンをヴォーカルに迎えた曲 ‘Rather Be’ で一躍有名になりました。

もちろん、’Rather Be’も良いのですが、個人的には、ビデオも含めこちらの ‘Dust Clears’ が気になります。

(歌詞&和訳) 英詞は Google Play Musicより

Imagine if the life
that you thought you shared
wasn’t really there.

想像してみて
きみがSNSでシェアしたはずの
その生活が
実は存在していなかったと

It was made up in your mind
could be anyone / anywhere
’cause you’d been living in a world
of your own design, under-mind
in another place other space in time.

それは頭の中で作りだされたに
すぎないから、
誰にでもなれたし
どこへでも行けたんだ

きみは潜在意識が作りだした
世界に生きていて
それは実際の世界とは
べつの場所であり時間なのさ

As the dust clears
and it all starts to disappear
it may get harder
’cause you just restarted.

埃が取り払われるように
幻想のすべてが消え去れば
それは大変になるかもしれない
だってすべてやり直さなくては
いけないから

And wherever you are, land on another star
it may get harder  ’cause you just restarted.

きみがどこにいたとしても
たとえ別の星のうえに
降り立ったとしても
それは大変になるかもしれない
だってすべてやり直さなくては
いけないから

You better get real, real, real
and 
realize that the situation’s
going nowhere.
Because you act so tough
I’ve totally lost control.

あなたは目を覚ました方がいいわ
この行き止まりの状況に気付いてよ
あなたがそんなに強がっていると
私は取り乱してしまう

So please try to understand that
if I could
 I’d call and I would be there.
And if I didn’t hurt so much you know
I’d give you it all.

だからどうかわかって
(あなたがもっと優しくなれば)
私はできるだけ
あなたに電話もするし
そばにいるってことを
それに、あなたをひどく
傷つけなくてすむならば
私は全てをあなたに
差し出すつもりでいるの

 

Imagine if the friend
that you thought you knew
wasn’t really true

想像してみて
もしよく知っているはずの友達が
本当は
きみの頭の中に
存在していただけだったと

It just existed in your head.
The reflection used wasn’t you
completely unaware could be
anywhere / anytime
’cause there was shift in the paradigm.

その姿は
本当のきみ(友達)
じゃあなかったのさ(※)
パラダイムシフトが起きれば
そういうふうに真実に
全く気がつかずにいる事は
どんな時もあり得るんだ

As the dust clears
and it all starts to disappear
it may get harder
’cause you just restarted.

埃が取り払われるように
幻想のすべてが消え去れば
それは大変になるかもしれない
だってすべてやり直さなくては
いけないから

And wherever you are
land on another star
it may get harder
’cause you just restarted.

きみがどこにいたとしても
たとえ別の星のうえに
降り立ったとしても
それは大変になるかもしれない
だってすべてやり直さなくては
いけないから

(※)英文の意味が通らなかったので
推測で訳しました

(歌詞&和訳終わり)

男性の声は、Clean Bandit のメンバー、ジャック・パターソンのものです。
女性の声は、スウェーデン出身の
ミュージシャン Noonie Baoの
ものでしょう。
彼女のアクセントは典型的な
アメリカン・アクセントに聞こえます。

この歌の意味は、
いささか分かりにくいですが
個人的には、荘子の
「胡蝶の夢」を彷彿とさせるものが
あるように思います。

それと同時にこの曲は、わたし達は
いつでも現在の状況から抜けだし
まるで他の星に降り立つように
人生をやり直す事ができると示唆して
いるようにも思われます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です